紀州梅干、梅製品の製造・販売 紀の誉食品株式会社

梅レシピ

梅干をおいしく、上手に、毎日食べよう!
梅干を使ったあっさり味のお料理レシピをご紹介します。

紀州和歌山の梅酒

分量の目安

  • 梅:2Kg
  • 氷砂糖:1〜1.5Kg
  • ホワイトリカー:1.8リットル

作り方

  1. 果実酒びんを洗って乾かしておきましょう。ホワイトリカーで拭いて消毒します。
  2. 梅は古城(ごじろ)という品種は種子が小さく肉厚で、梅酒や梅ジュースにぴったりです。
    洗う前に、竹串で梅のヘタを取り除いておきましょう。
  3. 梅の表面を傷つけないように気をつけて水洗いし、ざるに上げます。
  4. 果実酒びんに梅・氷砂糖を交互に入れます。
  5. ホワイトリカーを注ぎ入れます。
  6. 冷暗所に保存し、時々ビンを動かして氷砂糖をとかし、約1ヶ月後にお召し上がりいただけます。
    (さらに3ヶ月程度置いておけばより熟成し美味しくなります。梅酒は置けば置く程熟成されるので、1〜2年ほど待つ方がより美味しくなります。)